~ライズとわた史~なぜライズは必要なのか?⑨

成績アップと、大分の高校入試、大学入試、豊府中入試に強いライズのERです。

我々のミッションは,将来を担う若者に夢と希望を抱かせること。(一部省略)

これはライズクレド,という我々社員の心の在り方や行動の規範となるもの,です。

関連画像

 

留学をして自分は変わった!と,思っていました。

でも,それは,違っていたようです。英語は少しは話せるようになりましたが,『中身』はあまり変わっていませんでした。むしろ,悪くなっていたかもしれません。

帰国した年の年末に人生初のカノジョが出来ました。そこが一番調子に乗っていたピークでもありました。そこから2月中旬までの約2か月で終了します。理由は前回のブログに書いてます。が,おそらく「自分勝手な自分」に愛想が尽きたんだ,と思います。

「将来に夢と希望を持った瞬間にダメになる」,がこの後何度となく自分に降りかかります。その時からです。目標に向かってがんばっても無駄無駄無駄,と思い始めたのは。。。

だからと言って,このまま何もしないわけにはいかないので,教員採用試験の勉強を始めます。夢や希望がないから,何もしないという選択肢は自分には選べなかったので。自分の意志の弱さというのはなかなか変えられないものですね。

自分の意志で自分のやるべきことを覚悟を持ってやり抜く!ということって本当に難しいことです。年齢に関係なくそれが出来ている人が自分の周りには割と多かったのですが、そこにいい意味で流されることもできなかった。その点では意志が強いんでしょうけどね、、、

言い訳の多い人間,でもありましたから,いつも上手くいかなかった理由を他に探していて,それが癖になってしまっていました。

そういえば,そんな自分にも夢,ありました!「英語に関わる事」でした。なので,実はそこは叶っています。

さて,目標はないまま,ある日電話がかかってきます。その内容は・・・次回に。