~ライズとわた史~なぜライズは必要なのか?⑪

成績アップと、大分の高校入試、大学入試、豊府中入試に強いライズのERです。

毎週の授業開始時に「週間モチベ」を行います。ここで「自分で気づき」、やる気を再生します。
この地道な繰り返しが、地道な成績アップ者を沢山輩出します。

「無料イラスト 著作権フリー やるきアップ」の画像検索結果

地道な繰り返しでやる気を再生する。勉強をすることは大事ですが,その前にその勉強をするための「やる気」はもっと大事。そのやる気を毎週再生していけば,成績アップが安定的に確実なものになる。

そういった思いとは程遠く,自分が教科書の文を読み,板書をし,それを生徒にノートに写させる,というやる気も何もでない,そういった一方通行の授業を繰り返していました。成績アップ,生徒にわかりやすく,というよりも授業というものに慣れるのに精いっぱいでした。

その頃からでした,人前で話すことがイヤになっていきました。職員室に居ることにも違和感を感じていました。初めての職場は3ヶ月で終了。その後,また2ヶ月間だけ,他の高校で勤務。翌年の4月から母校で勤務。しかもここでは1年間の勤務でした。留学をする直前に「志学ゼミナール」の塾生だった生徒たちの学年の担当でした。ユウキ,シンタロウ,シュンゴ,ユカ,と見たことのある生徒が多く,少し安心したことを覚えています。シンタロウは掃除の時に話をしていました。そういえば芸人になったヤマダ,元気かなあ?

実はその1年間でより自分で自分を追い詰めていくことになります。自分は無力だ,と。そんな気持ちとは関係なく,母校で働いた翌年に,旧M高校に臨時講師として行くことになりました。