~ライズとわた史~なぜライズは必要なのか?⑱

成績アップと、大分の高校入試、大学入試、豊府中入試に強いライズのERです。

~経営理念~

我社は利他の精神をベースに、民間教育機関として、生徒さん、保護者様に満足いただける日本一の指導とサービスを提供し、同時に、従業員の物心両面の幸福を追求しながら、地域社会の発展に貢献します。

「無料イラスト 著作権フリー 会社」の画像検索結果

ライズが目指す方向性を示したもの,です。利他の精神をベースにというところをとても大事にしています。この「利他」は思っている以上に行動に落とし込むのはとても難しいな,と日々感じています。だからこそ,ことあるごとにこの理念を思い出しながら自らを律していかねば,と思う今日この頃。

不言実行の精神で顔晴り始めた2007年。アルバイトは”使う”という発想でいたのが良くなかったのか,自分より年が上だったからなのか,「情熱個別.exe」のアルバイトの先生とは折り合いがつかず,常に「ああしてほしい、こうしてほしい。」と言われるのですが,自分で何とかできない事が多く,結局その先生は途中で辞めてしまいました。

が,その先生が辞める前にアルバイトに入ってくれた先生が2名いました。その2名は一人は年上,一人は年下の仲良しコンビでした。この二人の影響で”使う”ではなく”仲良くする”という発想でアルバイトに接するようになれました。その発想が今もあるので,アルバイトの先生には絶対一言、二言かけるようにしています。彼らにとってはめんどくさいかもしれないですが・・・( 一一)

その時,やっと「塾の仕事って楽しいんだな~。」と思えるようになりました。生徒たちとも仲良く出来たと思っています。そもそも,自分にとって仕事とは「イヤなことを我慢してする」「キツくなければ塾じゃない!」という感覚でいたし,現にそういう状況だったのですが,自分の考えをガラッと変えるきっかけを与えてくれました。

ちなみに,これまで仕事に関して自分が影響を受けた人間は5人います。彼らの事を思い出すと,とても元気になる自分に気づきます。そのうちの2人です。

そうして,2007年から2008年にかけては大きな変化もなく過ぎていきました。

2009年にまた大きな転機を迎えることになってしまいます。